ドルクスベース

クワガタのブリード方法を中心に書いているブログです。

更新情報

北海道を除く日本全国に分布するハグロトンボ、アオハダトンボの方が綺麗だという方もいらっしゃるかもしれませんが、自分は真っ黒な翅をしたハグロトンボも大好きです。実家の道を一つ挟んだ目の前の川に毎年夏になるとひらひらとたくさん飛んでいたので、自分にとってノス
『【水辺の宝石】ハグロトンボの魅力』の画像

以前にこのブログで常温飼育下でのブリードスケジュールを書いたことがありますが、今回は、飼育スペースや経済的に余裕があり、かつ大型の個体を作出したい人へ向けて、大型オオクワガタ作出のための完全温度管理下でのブリードスケジュールを書いてみました自分の経験は

今回はクワガタではなく、アクアリウムについて初歩的な話をしてみようと思います。既にアクアリウムをされている方にとっては本当に基本的な話になるので有益な情報は無いかも知れません、これからアクアリウムをはじめてみようという方の参考になれば幸いです。アクアリウ

この記事のタイトルの質問を投げかけられて、「木」と答える人は多いのではないでしょうか?材や産卵木、マットを食べて幼虫は成長するため、そう考えるのはおかしくありませんし、全くの間違いというわけでもありません。 クワガタの産卵用あるいは育成用として販

6月28日にブリードしている国産オオクワガタの産卵セットの割り出しを行いました。今回は3セットの割り出しを行いましたが、このブログでずっと追いかけている単材セットの結果を報告しようと思います。 メスの産卵セット投入期間は5/3~6/13、材はクヌギのB材一本
『【飼育日記】国産オオクワガタの割り出しを行いました。』の画像

ヒマラヤ系アンタエウスの産地 ヒマラヤ系アンタエウスオオクワガタ(Dorcus antaeus antaeus)には、国産オオクワガタと同じく何種類もの血統や産地が存在しています。産地として有名な国としては、インド、ネパール、ブータンの3カ国が挙げられ、現在日本で流通してい
『インドアンタエウスの細かすぎる産地分けには意味がない、せめて州ごとで十分だと思う』の画像

現在、国産オオクワガタブリーダーたちの多くが血統付きのオオクワガタを飼育されていると思います。特に能勢YG、森田GGといった大型血統はブリード初心者の方でも、菌糸ビンを使うことで比較的簡単に大型の成虫を羽化させることができます。ペットショップやネットオー

広い地域に生息し、特徴の違いも大きいアンタエウスオオクワガタ アンタエウスオオクワガタは、中国、東南アジア、中央アジア、中東と広くに分布しています。生息地が広い故にアンタエウスは同じ種といっても地域によって見た目の差も大きく、マレーシア産のアンタエウス

先日記事に書いたメスを取り出した産卵セット内の卵が孵化していました。画像を載せていたあの卵です画像中央に孵化したばかりの初齢幼虫がみえます バナーからブログランキングに飛ぶことができます 他の方の飼育方法を知ることができ、勉強になります にほんブロ
『【飼育日記】オオクワガタの卵が孵化しました』の画像

オオクワガタの産卵セットからメスを取り出ししました。セットは単材のものと、2本セットのものの2種類です。材は単材の場合はクヌギ、2本セットの時はクヌギとナラの種類を使用しています。2本セットする場合はメスの好みなのか片方しか齧らないことが多々ありますが、
『【飼育日記】オオクワの産卵セットからメスを取り出しました』の画像

温度管理しなくてもオオクワガタを育てることは可能です 大型サイズのオオクワガタを算出するために温度管理は必須になってきますが、家に温度管理できる設備が無いという人も多いと思います。今回はそういった方々のために温度管理設備がない環境下での、できるだけ大

ネブトクワガタは一生のサイクルが短いので、短期間でブリードを楽しめる コクワガタのように小さく薄い身体とオオクワガタのようなアゴ、そして身体にはメスのオオクワガタのような筋が入っているネブトクワガタ。一見したところコクワガタやオオクワガタと同じオオクワガ
『ドルクス属ではないが魅力的なクワガタ、ネブトクワガタを飼育してみよう』の画像

オオクワ幼虫は夏は涼しく、冬は暖かくが基本 大型のオオクワガタを狙う場合、幼虫をどれだけ大きく育てることができるかが重要になってきます。幼虫を大きく育てるには幼虫が食べる菌糸など餌が重要になってくきますが、それと同じくらい、温度管理も重要となってきます。

オオクワガタをはじめ、様々な昆虫の飼育においてたびたび話題になる塁代について考えてみます。自分の好きな体型の個体、もしくはギネスを狙えるようなサイズの個体を作出したいと考え塁代飼育をするブリーダーは多いはずです。私もその一人です。しかしご存知の通り塁代に

↑このページのトップヘ